投資顧問は投資に関するアドバイスをくれる私たちの味方ですが、中には悪質な業者も存在します。騙されない為にも特徴や手口を予習しておきましょう。

  • ホーム
  • 優良投資顧問の判断材料について

優良投資顧問の判断材料について

セミナーを参加する人たち

優良投資顧問会社の判断材料としては、まず広告やホームページを挙げることができます。
投資顧問会社の広告やホームページにはアナリストの経歴などが記載されているので過去の実績を確認することが重要です。
また無料コンテンツが充実しているかどうかも有料投資顧問会社の判断材料となります。
逆に悪質な投資顧問会社の判断材料としても広告やホームページは有効です。
誇大広告や嘘の実績の記載、断定的判断の提供には注意する必要があります。

新しい投資顧問会社にも優良なものが存在しますが、運営期間の長いものほど実績があるので信頼できます。
広告やホームページを判断材料としながら、無料コンテンツなどのサービス内容や運営期間を確認することになります。
基本的に投資顧問会社のホームページでは特商法による表記が義務付けられています。

特商法の正式名称は特定商取引法です。
ネットショップなどを開業する場合にはトラブルを避けるためクーリングオフに関する規定などの表記が義務付けられます。
新しい投資顧問会社でも特商法に基づいた表記が行われている場合は信頼性が高まります。
実際に契約を行う場合には利用ガイドや契約内容を確認することが重要です。

優良な投資顧問会社を判断するためには、まず広告やホームページの記載をしっかりと確認し、各投資顧問会社で用意されている利用ガイドと契約内容を確かめます。
特にアナリストの経歴や投資顧問会社の過去の実績などが重要な判断材料となります。
誇大広告や嘘の実績の記載、断定的判断の提供には注意が必要です。

断定的判断とは将来確実に儲かる、絶対に損はしないなどの表現を指します。
株式市場が将来どのように変化するかは不確実なので、優良な投資顧問会社であれば断定的判断を提供することはありません。
広告やホームページの記載を確認したら、インターネットの口コミサイトなどで客観的な評価を確認するのも有効な方法です。
投資顧問会社の主張と客観的な口コミに整合性があれば信頼性が高まります。

どこがいいのか信用できない、不安に思うのは皆同じです。
投資顧問の口コミ比較サイトなどで投資顧問会社に対する厳しい評価を見るのは、投資顧問の選び方として非常に良い方法ではないでしょうか。

長い運営期間の投資顧問は投資助言業の実績もある

運営期間の長い投資顧問会社は過去の実績があるため信頼性が高いと判断できます。
運営期間が短く新しいものでも優良な投資顧問会社は存在します。
投資家にとって投資判断に関する助言を与えてくれる投資顧問会社は重要です。
特に専業の投資家ではなく、投資に関する初心者が資産運用を行う場合には専門的なアドバイスが必要となります。

資産運用を行う上で最も重要なのは安全性です。
専門家からのアドバイスを得ることで安全に取引ができるようになります。
しかし投資の助言を行っている会社の中には悪質なものも存在します。

法的には投資顧問会社が有利になる助言実績だけを表示することが禁止されています。
また明確な根拠もなく他社よりも優れていると表示することも違法です。
限定と偽って顧客を誤認させたり、投資運用業の認可がないのに投資運用が可能かのような印象を与えることも禁止されています。
実際に契約を行う場合には、誇大広告や嘘の実績などに注意する必要があります。

株式市場で将来起こることを確実に予想できる人はいません。
投資の助言を行う者は、あくまで市場の状況を分析して株価が上昇する可能性のある銘柄について助言を行います。
可能性があるだけでであって確実なわけではありません。
また広告やホームページに投資実績が掲載されていても投資顧問会社に有利な実績のみが表示されていることもあります。
優良かどうかの判断材料として広告やホームページは有効ですが、客観的に評価することが求められます。

投資の初心者が円滑な資産運用を行う上で投資顧問会社は重要な存在です。
しかし優良な投資顧問会社を見分けるにはある程度の知識と経験が必要になります。
運営期間が長く多くの顧客を抱える投資顧問会社であれば、実績もあるので初心者でも安心して契約できます。

関連記事
人気記事一覧
アーカイブ